冷凍保存も可能

ドライフードの場合にはある程度空気中の湿気からも強く、酸化もしにくいため、エサを普通にあげる程度の開封ならば問題にならないことの方が多いのですが、ウェットフードの場合には開封して間もなく酸化が始まってしまいますので、できるだけ早く食べてもらうようにしなければなりません。もしも一度に大量にエサを購入してしまい、長時間保存しなければならないのであれば、冷凍保存を活用してみるのも良いでしょう。エサを取りだしてタッパーやジップロックに入れて冷凍し、与える時には少しずつ解凍していき食べさせるのがおすすめです。

ただし、冷蔵庫での保存は結露してしまい、カビが生えてしまう可能性がありますので、あくまで冷凍保存するようにしてください。ジップロック内に乾燥材も一緒に入れておくと良いでしょう。キャットフードの購入で月に1度買い物へと出かけなければならないのは面倒かもしれませんが、定期的に決まった量を購入するのはエサの鮮度を落とさないためにも非常に重要で、これをするのとしないのとでは大きな差が出ることになりますので、可能ならば大量購入は避けてこまめに購入するようにしましょう。愛猫を守るために、飼い主がエサの管理方法を考えて、酸化していないフレッシュなエサを与えるように心掛けてください。

酸化を防止するために

キャットフードを保存する際には、高温多湿を避けて一定の温度と湿度を保てる環境で保存すること、エサの袋をきちんと閉めて空気と触れる時間を少なくすること、直射日光を避けて保存することの3点が重要となります。酸化は文字通り酸素と結び付くことによって発生しますので、空気との接触はできるだけ避けるべきであり、これはエサが酸化しているか否かを判断する上でも重要となります。

つまり長時間お皿に出し続けて放置されているエサは空気と触れる時間も長いため酸化していることが多く、できる限り短時間で愛猫に食べさせてあげなければなりません。上記の保存の基本条件を守るためには、密封性の高い袋や容器が有効です。鮮度が保てるよう工夫しているキャットフードなどもあるので、酸化は防ぎたいけどタッパーなどへの詰め替えが面倒な人が検討してみてもいいでしょう。

またエサを購入する量についても工夫することが可能です。大きな袋に大量に入れられているキャットフードを購入するのも良いですが、小分けされて袋に入れられているエサならばお皿に出す度に空気に残りを空気に触れさせることはありませんので、酸化を防止することが可能で、こちらもおすすめです。

酸化したエサの特徴

キャットフードが酸化しているかどうかは、見た目だけではなかなか判断がしづらいため、手触りや臭い、経過した時間などによって判断していくと良いでしょう。ドライフードとウェットフードの2種類について、それぞれ酸化するとどのような状態になるのかを見ていきましょう。

まずはドライフードについてです。ドライフードは乾燥させて製造しているため、見た目はほとんど変化がありません。一粒触ってみてベタベタしていたり、開けたばかりの香りとは違う、異臭を放っていると酸化している証となります。

臭いについては人間の嗅覚では判断できないこともありますので、猫の反応を観察してみると良いでしょう。猫がキャットフードの臭いを嗅いで、食べようとしないようであれば酸化している可能性がありますので取り替えることをお勧めします。また経過時間についてですが、ドライフードはお皿に出してから半日も経過してしまうとさすがに酸化してしまいますので、何日も放置するようなことは無いようにしたいところです。

次にウェットフードについてですが、こちらは賞味期限も短く酸化しやすいという特徴を持っています。短時間で色も変わりやすく、臭いもすぐに変わりますので分かりやすいと思われます。

キャットフードと酸化

腐ったものを食べるとお腹を壊すことになり、病気の原因になる。人はより安全で安定した生活を手に入れるために食糧を切ったり火にかけたり、もしくは保存方法に工夫を加えることによってそういった食事のリスクを回避しています。これは人間に限った話ではなく、生きるための知恵として動物全般に言えることで、フレッシュな食生活を送ることで健やかな肉体を手に入れるのが世の常です。キャットフードはドライフードとウェットフードの二種類に大別することができますが、どちらも消費に時間をかけてしまうと酸化して腐っていってしまうことになりますので、愛猫の健康を守るためにも食事には飼い主が気を使う必要があります。

酸化は空気中の酸素と結び付くことによって発生し、エサ自体の味にも影響を与えるだけでなく、エサに含まれている栄養分の低下にもつながります。ひいてはそれが過酸化脂肪酸に変化、体内に取り込まれるとコレステロールと結びついて悪玉化、動脈硬化の原因になってしまいますので、酸化した古いエサは動物にとって悪影響を及ぼすと言えます。

もしも愛猫が下痢をおこしたり嘔吐をしたり、発疹ができたりしているならば、原因はキャットフードの酸化にあるかもしれませんので、動物病院で診察を受けた後、与えるエサについても考えていく必要があります。人間と違ってペットは自由に食生活を選ぶことができません。飼い主が責任を持って管理してあげるようにしましょう。キャットフードの保存について、さらに解説していきます。